確定申告に向けて仮想通貨(暗号通貨)の収支を計算しました。

確定申告に備えて仮想通貨(暗号通貨)の収支を計算しました。脳内で暗算しながら一年間の雑所得が20万円以下になるように細々と購入していただけですが、*住民税の申告も必要ですし、億り人さんと十把一絡げにされるのも今後困ることになる、かな? 年間取引報告書が存在するようになるまではちまちまと記録をつけようと思います。

*住民税の申告も必要・・・雑所得20万円以下の確定申告が不要なのは所得税が非課税の範囲内だから。住民税は全ての収入を合算して計算されるため、年末調整が行われていない収入は申告の必要があります。住民税は確定申告を行えば自動的に計算されます。

国税局の『仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)』がここまで丁寧に解説するか!というぐらいにQ&A付きで大変わかりやすかったです。

  • 仮想通貨を売却(日本円に換金)した場合、売却価額と取得価額との差額が所得金額となる。
  • 保有する仮想通貨を他の仮想通貨を購入する際の決済に使用した場合、購入価額と取得価額との差額が所得金額となる。
  • 取得価額の計算方法は移動平均法を推奨する
  • 仮想通貨の分裂(分岐)による取得価額は0円
  • 仮想通貨の売買での損益通算は可能
  • マイニングによる取得は雑所得、必要経費を差し引いて計算する


こんな感じで収支を計算してみました。計算方法は、移動平均法を採用しました。昨年も、購入の都度、平均単価を暗算していたので。総平均法だと1年後に利益の結果が出るので記録をつける時間が勿体ない。通貨ごとにシートを作成し、最終的に出た数字が取引所のものと1円以下までピタリと合致していたので、まぁこれで良しと。今後もFXやマイニング、送金などはやる予定なし。個人的には暗号通貨と言いたいけれども・・・、もうそこは時代の波に流されておきます。

お約束でアフィバナー貼っておきます。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin