ぐるっとびわ湖島めぐり(沖島、沖の白石、多景島、竹生島)

1日たっぷり使ってびわ湖の島々を巡る『ぐるっとびわ湖島巡り』に参加してきました。大津港を朝9時50分に出港し、「沖島」「沖の白石」「多景島」「竹生島」の4つの島を巡り、18時に帰港します。びわ湖めっちゃくちゃ広かったー!


高速船megumi号に乗り込んで大津港を出発。行ってきます!

ガイドさんは今森洋輔さん。野鳥や動植物の精密画を描かれる画家さんで、今森光彦さんとご兄弟で活躍されてる方。児童書好きなら彼らの作品はきっと目にしているはず。なんと観光ガイドのお仕事もされてます。

今森さんの軽快なトークを聞きながら、最初に上陸する「沖島(おきしま)」へ向かいます。沖島は日本で唯一の淡水湖の有人島。島の人口は約300人。小学校が一つあり児童数19人。島の子供は2人、残り17人は近江八幡から船で通学しているそうです。


島には車が一台もなく、代わりに三輪車が活躍しています。そして一家に一漁船。主に漁業で生計を立てているとのこと。あちこちに三輪車がありました。猫ちゃんもウロウロ。


島全体が映画のセットみたいで、ロケに参加した気持ち。近江八幡からは船で10分ほどの距離だそうで、釣りに来ている人たちもいました。また行きたい。今度は泊まってみたい。


続いては「沖の白石(おきのしらいし)」。こちらは上陸不可なので船から見学。水面から見える岩の高さは20m程だけど全体の長さは約100mあるそうです。水深80m!

船内でお昼ご飯を食べたり、よし笛コンサートを聞きながら、続いてやってきたのは「多景島(たけしま)」。島全体が日蓮宗見塔寺の境内とのこと。


水の色が!!肉眼でも魚が見えます。(大量の魚が泳いでいました)


「題目岩」と呼ばれる大きな岩に「南無妙法蓮華経」の文字が彫られていたのだけど、昨年夏に突如崩落したそうで、現在は修復中となってました。誰が何のために掘ったんや。この「多景島」はいたるところにカルガモの卵がありました。島全体に獣臭が漂っていて、お寺とあわせて只者ではない雰囲気。これがパワースポットというやつかーと思いました。

最後に上陸したのは「竹生島(ちくぶしま)」。弁天様のパワースポットとしてガイドブックでもよく紹介される島です。


長浜港からのアクセスも良く、それまでの島とはうってかわって観光地!という感じでした。どんどん船がやってくる。


お参りして、かわらけ投げをして、アイスクリームなんかを食べたりして。国宝や重要文化財もあり、適度な石階段もあり、お散歩もちょうど良い島でした。


白髭神社を船から参拝。この日もジェットスキーやカヌー、SUPなどを楽しむ人たちがいました。気持ち良さそう〜。


夕暮れが近づいて来ます。気がつけば寝落ちする人多数。朝からずっと旅をしていましたからね。この日はとてもいいお天気で、1日で随分日焼けしました。島を歩いて汗をかいても甲板に出ると風に吹かれて一瞬で汗が乾く。ベタベタしない風って本当に気持ちがいい。

湖北の方に近づくと水平線しか見えなくなったりして、本当にびわ湖って広いんだなあって思いました。あちこちでレジャーが行われているのに、あっという間に視界から消えていく。消えていくんですよ。

ぐるっとびわ湖島めぐり
2019年 5/25(土)、6/8(土)、6/22(土)、7/6(土)、7/21(日)、7/28(日) 8/3(土)、9/15(日)、9/21(土)、10/5(土)、10/12(土)、10/26(土)、11/9(土)、11/23(土祝)

航路
大津港9:50発~(おごと温泉港10:30寄港)~(沖島上陸約50分)~(沖の白石船窓見学)~(多景島上陸約30分)~(よし笛演奏)~(竹生島上陸約50分)~(白鬚神社船上見学)~(よし工作)~琵琶湖大橋港寄港(お買物約30分)~(おごと温泉港17:20寄港)~大津港18:00頃着

料金
大人9,500円 学生8,000円 小学生6,500円(乗船料、弁当代、入島料込)

イチゴやらセロリやらコモンマロウやら

「ハーブティとかいいよね」と思って、冬の間に仕込んだハーブたちが巨大化してしまいました。完全に株間間違えた・・・。ピッチピチになっていたのでスコップでざっくり掘り返して別の位置に植え替えたのですが大丈夫かなぁ。


この春はたくさんのイチゴが収穫できました。一昨年の冬に定植した苗の孫たち。


セロリ&バナナのミックスジュース。セロリも巨大化したので一時は毎日セロリジュースを飲んでいました。


今元気なのはコモンマロウ。お湯を注ぐと青い色になるアレですね。そのままムシャムシャ食べています。葉っぱも食べられるのだけどまだ食べていない。

今年学んだこと。イチゴの葉を乾燥させておくと何かと便利。癖の強いハーブティに混ぜると爽やかな味に変身します。

昭和の人間アピールタイム

「4/30は郵便局に人なんか並んでなかったのにニュースに出た途端に2時間待ちや!」とのこと。父は幸せな老後を送っているようです。

昭和の人間の矜持として、薄れゆく記憶をメモしておこうと思います。

・嵐電「北野白梅町」駅のすぐ側に『ホワイト・キャッスル』というハンバーガー屋さんがあって、真っ白な店舗にお城みたいな外観が気恥ずかしくてよかった。編まれた籠の中にキッチンペーパーが敷かれ、その上にハンバーガーが乗っていて洋食っておしゃれだなって思った。味は覚えていない。(幼稚園から小学校低学年?)

・新京極に『森永ラブ』があった。どれも200円以下だったような気がする。シナシナのポテトが好きだったはずなのに味が思い出せない。(小学校高学年から中学校?)

・ミナミの戎橋(ひっかけ橋)にあった『ハーゲンダッツ』。メリーゴーランドに乗りながらアイスを食べることができてトイレは歌い出すしで楽しかった。(大学生)

・父親に連れられて路面電車(京都市電)に乗った。カッコイイ!外国みたい!と思ったのにその後二度と乗ることができなかった。京都駅の向こうだった気がする。普段行かない遠いところで乗った。(幼稚園以前?)

・堀川通りに大きな川があり、五条から今出川ぐらいまで続いていた。四条堀川ではほとんど水が流れてはいなかったけど、タンポポとかスミレとか咲いてて下に降りるのが好きだった。今は8車線ほどの道路になってるけど半分ぐらいは土手。チョロチョロ水が流れてた。(幼稚園から小学校低学年?)

・『嵐山モンキーパークいわたやま』の檻がなかった時代のお猿さんが怖かった。前を歩いていた人が一瞬でスーパーの袋ごと猿に持って行かれ、自分が持っているみかんがお猿さんにバレないか緊張した。今は人間が檻に入るようになりお猿さんこそがこの地域の主人公であることが証明されている。(幼稚園?)

・「PANDA EXPRESS」日本上陸!ってニュースになってたけどミナミ近辺のフードコートとかに普通にあった気がする。(大学?)

キャッシュレス・ウィーク メルペイ50%翌日キャッシュバック

いろんなPayがキャンペーンをしていますが、メルペイのキャンペーンがわかりやすいです。4/26〜5/6の間、メルペイ決済で翌日50%ポイント還元!

上限2,500ポイント(1ポイント1円)なので毎日メルペイを使って総額5,000円(税込)のお買い物をすると細く長く楽しめそうな雰囲気。(5,000円分を一気に使うのは「2,500円バラマキかよ」と冷静になるのでお勧めできません。笑)

メルペイ=iDなので、大抵のお店で使えます。ファストファッションあたりだとGWセール中にタイムセールが行われていたりするので、50%offの服が更にそこから20%offなんてタイミングにも出くわします。「この服は3,900円で・・・、3,900 ×0.5×0.8=1,560・・・メルペイで×0.5=780円・・・実質80%offってことね。ってどんな値段やねん!」とか一人でツッコミを入れながらお買い物を楽しんで・・・、で、数回着てメルカリで売ると。そんな回転の早い人生嫌やー!

ところでメルペイの決済、もっと早くならないでしょうか。5秒ぐらいかかる気がする。私だけ?300ポイントもらえる招待コード置いときます。

登録時に招待コードの「PAFVZK」をいれてね!
https://www.mercari.com/jp/dl/

 

城崎温泉 外湯めぐり&玄武洞

1月に城崎温泉に行ってきました。駅を出てすぐに足湯や手湯、飲食店が建ち並び、活気に満ち溢れていました。人がいなくなる瞬間を狙って撮った写真。

城崎温泉街の中心を流れる大谿川(おおたにがわ)には錦鯉が沢山泳いでいました。

城崎温泉旅館協同組合の『城崎ゆかた憲章』によると「ゆかたにあらざれば、装いにあらず。」だそうです。午後を過ぎると浴衣の人が増え始め、下駄の音が鳴り響きます。

城崎温泉には7つの外湯があり、七福を招くとされています。「さとの湯」「鴻の湯」「まんだら湯」「御所の湯」「一の湯」「柳湯」「地蔵湯」湯めぐりパスポートがあれば全ての温泉に浸かることができます。「さとの湯」にだけ入れなかったのでまた入りに行かないと。射的で遊ぶ人、ソフトクリームを食べながらそぞろ歩きをする人、夜の城崎温泉もとても賑やかでした。

城崎温泉ロープウェイ。日本海や温泉街を見下ろしたり、温泉寺にお参りしたり。

かわらけ投げにも挑戦

玄武洞公園へ。160万年前の火山活動で流出したマグマが冷え固まってできた玄武洞は国の天然記念物に指定されています。溶岩が冷える時にできる割れ目模様を「柱状節理」というのですが、六角形やら不思議な形の岩が連続していて不思議に惹きつけられます。

季節を変えて、また行こう。コウノトリを見たいな。

京都御所 建春門開放

View this post on Instagram

御所は大好きな場所で京都御所の参観にも何度も参加していて「建春門(けんしゅんもん)は皇后様がお使いになられる門」が脳内にインプットされているので、開いているわ、牛車が中に入っていくわ、押している人たちが普通の作業服で絶対お偉い系ではないわ、とか複数の情報が脳内に入り乱れて何故かスローモーションで動画を撮影してしまった。(東寺さんでやらはる御修法とかすごいんで。天皇の御衣を7日間かけて浄めるはるんやけど、布やから❗️何故か震えるけど) #京都御苑 #京都御所 #建春門 #牛車

Aiba Mikaさん(@aiba.mika)がシェアした投稿 –