京都謎解きミュージアム巡り「古き学び舎と封印の石」

2019年9月に開催される国際博物館会議(ICOM)京都大会のプレイベント京都謎解きミュージアム巡り「古き学び舎と封印の石」に参加して京都のまちを救ってきました。こちらは、漢字ミュージアム、京都芸術センター、京都国際マンガミュージアム、京都市学校歴史博物館の4つを舞台としたリアル謎解きゲームです。

漢字ミュージアムと京都市学校歴史博物館ははじめて入ったのですが、展示内容が興味深すぎて、謎を解かねば→この展示何や→あ、謎→あ、展示のループでした。漢字ミュージアムはまさかの漢字でボルタリングもできるし、京都市学校歴史博物館は戦時中の子供の日記等がリアルすぎて・・・。朝から謎解きに参加して夕方には解決、閉館ギリギリまで京都国際マンガミュージアムでマンガを読み耽ろうという計画だったのですが、閉館しても謎は解けないまま(笑)


夕食を食べて帰宅後に続きを。強烈に時間がかかってます(笑)
感想:最初に思いついたフレーズで大抵正解。自分を信じろ。

京都国際マンガミュージアムなど大抵の博物館は一歩足を踏み入れると気がついたら閉館時間になっていることが多いのですが、こうやって1日で駆け巡るのも新鮮で楽しいですね。小さい子供連れが多いのかなと思ってたら、20代ぐらいのカップルや50代ぐらいのソロ参加も多くて、リアル謎解きファンの層の厚さを感じました。

#京都謎解きミュージアム
開催期間:2019年1月17日(木)~3月17日(日)
料金:一般2,500円/中高生1,600円
※京都市営バス・地下鉄の一日乗車券を提示で100円引き
■ 京都謎解きミュージアム巡り「古き学び舎と封印の石」公式ページ
http://game.nazotown.jp/kyotomuseum/
国際博物館会議ICOM KYOTO2019
http://icom-kyoto-2019.org/jp/

御金神社で福財布を授かりました


京都市中京区の西洞院御池を少し上がったところにある御金(みかね)神社にお参りに行ってきました。「烏丸御池」「二条城」駅から徒歩8分ぐらいのところにあります。もともとは鉱山・鉱物の神様で、金属類を護り給う神=お金の神様になったそう。


じゃじゃん!

福財布でございます。初穂料1000円也。お金や通帳などを入れておくお守り財布。こういうのって楽しくていいね。

御金神社
〒604-0042
京都市中京区西洞院通御池上ル押西洞院町614
075-222-2062

確定申告に向けて仮想通貨(暗号通貨)の収支を計算しました。

確定申告に備えて仮想通貨(暗号通貨)の収支を計算しました。脳内で暗算しながら一年間の雑所得が20万円以下になるように細々と購入していただけですが、*住民税の申告も必要ですし、億り人さんと十把一絡げにされるのも今後困ることになる、かな? 年間取引報告書が存在するようになるまではちまちまと記録をつけようと思います。

*住民税の申告も必要・・・雑所得20万円以下の確定申告が不要なのは所得税が非課税の範囲内だから。住民税は全ての収入を合算して計算されるため、年末調整が行われていない収入は申告の必要があります。住民税は確定申告を行えば自動的に計算されます。

国税局の『仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)』がここまで丁寧に解説するか!というぐらいにQ&A付きで大変わかりやすかったです。

  • 仮想通貨を売却(日本円に換金)した場合、売却価額と取得価額との差額が所得金額となる。
  • 保有する仮想通貨を他の仮想通貨を購入する際の決済に使用した場合、購入価額と取得価額との差額が所得金額となる。
  • 取得価額の計算方法は移動平均法を推奨する
  • 仮想通貨の分裂(分岐)による取得価額は0円
  • 仮想通貨の売買での損益通算は可能
  • マイニングによる取得は雑所得、必要経費を差し引いて計算する


こんな感じで収支を計算してみました。計算方法は、移動平均法を採用しました。昨年も、購入の都度、平均単価を暗算していたので。総平均法だと1年後に利益の結果が出るので記録をつける時間が勿体ない。通貨ごとにシートを作成し、最終的に出た数字が取引所のものと1円以下までピタリと合致していたので、まぁこれで良しと。今後もFXやマイニング、送金などはやる予定なし。個人的には暗号通貨と言いたいけれども・・・、もうそこは時代の波に流されておきます。

お約束でアフィバナー貼っておきます。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

終い天神(しまいてんじん)北野天満宮

12月25日と言えば北野天満宮の終い天神です。北野天満宮は全国の天満宮の総本社、学問の神様菅原道真公が祀られています。「弘法さんが晴れやったら天神さんは雨や」の通り、今年の終い天神は小雨がパラついていました。25日は菅原道真公が6月25日に生まれ2月25日に亡くなったことに由来しているそう。

境内の中では猿回しが行われていました。芸をするのは「はなちゃん」。3歳だったかな。つい最近までNHKの「精霊の守り人」に出演していたそうです。はなちゃん可愛い!


天神さんの露店は圧倒的に着物が多いです。天神さんと言えばキモノというイメージが強いのか弘法さんよりも外国の人が多かった気もします。1枚1,000円の札を掲げているお店が多かったです。この写真の大袋とは超巨大な大袋のことでして、購入した人は着物を台車で運んでいました。あとは、骨董とデニム。紙屋さん、糸屋さん、生地屋さんなど。ハギレや反物が100円から300円とかで売られているので手作り作家さんには夢の国ですね。私も定年後は何か作って売る人になりたい・・・。(何故定年後)


富士山柄に惹かれてトートバックを購入。確かな縫製!旅行で大活躍しそうです。そして弘法さんの時には売り切れていた黒の猫ちゃんのアームカバー。すっかりファンになってしまった。

そして!


天神さんと言えば田舎亭!私は、ここの「たぬきうどん」が大好きです。

名物は紅梅そばですが、私は紅梅うどん、そしてたぬきうどんが好きだ。出前で頂くことが多かったのですが夏場でもたぬきうどんを食べていました。配達の人ごめんなさい。18歳で京都を出て、ホームシックにはならなかったけれども、どこの土地に行ってもたぬきうどんだけは食べることができませんでした。油揚げを短冊状に切り、ネギ・おろし生姜とともにうどんの上にのせてあんかけにしたものをたぬきうどんと言うのですぞ!京都では。嬉しすぎて泣くかと思った。インスタにあげるテイで撮影。あぁ、たぬきうどんが、私は好きだ。

田舎亭
上京区今小路通御前通西入紙屋川町829
「北野白梅町」駅から徒歩5分

終弘法(しまいこうぼう)/御影供  東寺/教王護国寺

東寺さんの終弘法(しまいこうぼう)に行ってきました。弘法さんは毎月21日に開催され、露店は1,200〜1,300店ほど、国内外から20万人ほどが訪れます。もろ業者、もろガラクタ、手作り品、食べ物も沢山で、ただ歩いているだけでも楽しい。朝5時の東寺開門と同時に準備が始まり8時頃にはほとんどのお店が開いています。店じまいは16時頃から。17時には完全撤収のため、夕方以降はお客さんと撤収する車でカオス状態になります。そこもまたお気に入り。


「写真撮影禁止」の札を掲げたお店もチラホラ。錦市場化しているのか・・・。

アームカバー、タブレットケース、巾着袋、カードケースを購入。お店がたくさんありすぎて目移りして困る・・・。カードケースはPiTaPa、ICOCA専用にする予定。関西人はPiTaPa、ICOCAの二枚持ちが多いのじゃないかしら。JRは定期が安いからJR区間はICOCA、それ以外は月10回以上乗車すれば10%offになるPiTaPa(大阪市営地下鉄は月1度の乗車でも10%off)。乗車ポイントもPiTaPaに軍配が上がるかなー。

今年も東寺さんにはお世話になったので灯明料をお供えしてきましたよ。末富さんのお干菓子。子供の頃からの大好物!!ゆっくり味わおうっと。

先月の弘法さんで一目惚れしたデニム。ほぼ毎月出展されているそう(むしろネットと弘法さんでしか販売していないとか何とか言ってはった気が・・・)サイズさえ合えば!


MEZAMELL http://www.mezamell.com
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』観にいかはったかなぁ・・・。聞きそびれた。

弘法さんはクリエイターさんの作品を見て回るもよし、食べ歩きもよし、もちろん東寺さんの拝観は最高で最強なのです。

真言宗総本山 東寺 【教王護国寺】http://www.toji.or.jp/
〒601-8473 京都市南区九条町1番地
075-691-3325
JR「京都」駅徒歩15分、近鉄「東寺」駅徒歩10分
市バス18系統、71系統、207系統 「東寺東門前」徒歩1分

近江神宮マルシェ”S” 手作り市

近江神宮で毎月第3土曜・日曜日に開催される手作り市 近江神宮マルシェ”S” に行ってきました。年内最終なので終い近江神宮マルシェ”S”とでも申せましょうか。近江神宮をお散歩がてらのんびり見られるのがいいですね。じぇいず。さんでグラニーバッグの中と小を購入しました。パンダ銭湯みたいな生地が可愛い。


この絵本を読んだことない人は是非!ここ数年は無印良品などでも売られています♪

このグラニーバッグ、リバーシブルなんです。裏返すと・・・


ティッシュケースもじぇいず。さんのもの。グラニーやがま口に反応する私。

近江神宮マルシェ”S”
〒520-0015 滋賀県大津市神宮町1番1号
参拝時間 午前6:00 – 午後6:00
近江神宮 http://oumijingu.org

ガラスの仮面展@美術館「えき」KYOTO

2017年12月1日-25日まで開催されている『ガラスの仮面展』に行ってきました。場所はJR京都伊勢丹内にある美術館「えき」KYOTO。もう、素晴らしかったですね。コラボカフェの梯子をしましたよね。翌日、グッズだけを買いに再び会場に行ってしまいましたね。未完のまま40年も経っているものだから、会場を訪れた皆さんの購入金額もおかしかったですね。「お会計は、38000円でございます」とか当たり前のように聞こえてきましたね。読み始めた当時は小学生だった私ももう43歳ですものね。

会場内は撮影禁止でしたので、外の様子とコラボカフェ、京都駅の写真を載せておきます。もうね、入り口からね、この企画展に関わった人たちの愛がね、ひしひしと感じられましたね。何ていうんですかね、原画の並べ方やテーマ設定、展示方法などね、溢れんばかりの愛ですよ、愛。あー、もう!もう一度観に行こうかしら!

相当数の生原稿が展示されているのです。池田理代子先生の生原稿のような作品としての美しさはもちろんあるのですが、美しさを凌駕する美内先生の存在感がヤバかったですね。めっちゃ原稿が切り貼りされてたり、アシさんへの指示がそのまま残っていたり。あぁ、この人はコミックだけでなく連載時から何回も描き直す人なんだ、完成した自分の作品に更に直しを入れちゃう人だ。しかも楽しそうだ。ヤバい人だ。

それでは写真を並べましょう。


入り口から攻撃されます。紫のバラ・・・!

会期中、5つのお店に限定メニューが登場します。


亜弓のカフェラテ。


京都駅の中にもガラスの仮面の世界は広がっていますわ。

フォトスポットまで。

真澄さまと踊ることもできます。





この器も素敵・・・!(確か2200円)

クッキー食べるのもったいない。(ご安心を。クッキーも販売しておりますわ)

ついつい購入してしまったグッズたち。左から手ぬぐい、クリアケース、クリアファイル。

!!!!!

25日までなので、また行くことにします。

きもの京小町(株式会社マルヒサ)で浴衣を買いました☆

京都で過ごすことが多くなったからか俄かに和装に興味を持ち出した夫。「浴衣やったら祇園祭の宵々々山らへんから室町の問屋さんで激安になるえー」と世間話をしていました。そして祇園祭の宵々々山の日のこと。友達と室町錦小路の『優彩』で浴衣を物色している途中で夫と合流しました。そして浴衣を2枚購入しました、夫が。浴衣も下駄も帯もその場でお買い上げ。祇園祭価格なので衝撃のお値段です。もう羨ましいったら。

そしてあれよあれよと月日は流れ、びわ湖大花火大会でおもむろに浴衣を着た夫。何だかめっちゃ似合うんですよ。もう羨ましいったら。以来、「浴衣を着てお出かけしよう」と私を誘ってきます。

さて、実家に各種着物は揃ってはいるが浴衣は10代の頃のものしかない。10年くらい前に購入した浴衣は引越し時に下駄含め一式を知人にあげてしまった。さてはてと、ググること数時間。楽天やAmazonで『きもの京小町 』として出店している店舗の本社のサイトに「実店舗だとオリジナル浴衣7点セット14800円が9800円に!」と書いてあるじゃありませんか。京都に住む妹もよく知っているお店とのこと。これはお店に出向かないと!


いやぁ、いいお買い物ができました!おじいさんと奥さんが見立ててくれて、浴衣の帯変更+帯どめでセール価格から+αでおまけまでしてもらったりして。奥さんとのお話も楽しかった。

浴衣の福袋を始めたのはきもの京小町がはじめて
浴衣と帯の組み合わせで悩む人が多いから福袋にしてみたそうです。注文時にも組み合わせを選べるけど、電話やメールで自分の好みを伝えてくれればその人に似合いそうなセットを組んでくれるとのこと。奥様が「私すぐ電話しちゃうのよー。笑」とおっしゃってました。

きもの文化を広めたい
楽しむ、学ぶ、作家さんの想いを伝える場の提供ということで着付け教室や末富さんのお茶菓子付きのお勉強会を定期的に行っているそうです。きものレンタルもあり。そんなこんなで観光旅行ついでに他府県からお店に来られる方もとても多いそう。ここ数年は若い男の子がよく買いに来るとか。

オリジナル浴衣セットは1月頃からデザインして夏に間に合うように作っているそうです。このお店はネットで購入するだけじゃもったいないお店だなぁと思って長々と紹介してみました!下に楽天とAmazonのリンクも貼っておきますね。遠方の方はネットで注文した後、お気軽にお店に電話してくださいね!(自撮り画像を送ってもらえると更に選びやすいとのこと)

【楽天】

【Amazon】

株式会社マルヒサ
〒600-8427
京都市下京区松原通室町東入る玉津島町296
0120-511-013
平日10:00~17:00

株式会社優彩
075-241-1551
京都市中京区 室町四条上菊水鉾567

近江神宮マルシェ”S”

滋賀県大津市の近江神宮の表参道で毎月第3土曜・日曜日に『近江神宮マルシェ”S”』が行われていると聞いたのでお散歩がてら立ち寄ってみました。家を出たのが遅かったので、ほぼ終わりかけだったのだけど、お店の人とまったりお話ししながらお買い物を楽しみました。と!いうか出店されている手作り作品のクオリティが高すぎて素通りできなかった。

特に素敵だなと思ったのが、『グラニーバッグ専門店じぇいず』さん。なんと全てリバーシブル。平日はご自宅でご夫婦で製作されており、実店舗は持たず、手作り市などで手売りのみされているのですって。かっこいいな、その生き方。


近江神宮はとても素敵なところ。まず空気が綺麗。

【速報】近江神宮のそばで民間運営の貸し農園がありました!!1m×5mで月500円、入会金11000円、水道設備有り、鍬の貸出有り、とのこと。再び農園生活スタートか!?乞うご期待!

他に買ったもの
五玉手箒 (最高級棕櫚鬼毛) 5玉手箒 - 山本勝之助商店 (やまもとかつのすけしょうてん) かねいち

購入してからお掃除が楽しくなりました。棕櫚たわしもおまけしてくれた☆

『近江神宮マルシェ”S”』
毎月第3土曜・日曜日 9:00~16:00
〒520-0015 滋賀県大津市神宮町1番1号