ガラスの仮面展@美術館「えき」KYOTO

2017年12月1日-25日まで開催されている『ガラスの仮面展』に行ってきました。場所はJR京都伊勢丹内にある美術館「えき」KYOTO。もう、素晴らしかったですね。コラボカフェの梯子をしましたよね。翌日、グッズだけを買いに再び会場に行ってしまいましたね。未完のまま40年も経っているものだから、会場を訪れた皆さんの購入金額もおかしかったですね。「お会計は、38000円でございます」とか当たり前のように聞こえてきましたね。読み始めた当時は小学生だった私ももう43歳ですものね。

会場内は撮影禁止でしたので、外の様子とコラボカフェ、京都駅の写真を載せておきます。もうね、入り口からね、この企画展に関わった人たちの愛がね、ひしひしと感じられましたね。何ていうんですかね、原画の並べ方やテーマ設定、展示方法などね、溢れんばかりの愛ですよ、愛。あー、もう!もう一度観に行こうかしら!

相当数の生原稿が展示されているのです。池田理代子先生の生原稿のような作品としての美しさはもちろんあるのですが、美しさを凌駕する美内先生の存在感がヤバかったですね。めっちゃ原稿が切り貼りされてたり、アシさんへの指示がそのまま残っていたり。あぁ、この人はコミックだけでなく連載時から何回も描き直す人なんだ、完成した自分の作品に更に直しを入れちゃう人だ。しかも楽しそうだ。ヤバい人だ。

それでは写真を並べましょう。


入り口から攻撃されます。紫のバラ・・・!

会期中、5つのお店に限定メニューが登場します。


亜弓のカフェラテ。


京都駅の中にもガラスの仮面の世界は広がっていますわ。

フォトスポットまで。

真澄さまと踊ることもできます。





この器も素敵・・・!(確か2200円)

クッキー食べるのもったいない。(ご安心を。クッキーも販売しておりますわ)

ついつい購入してしまったグッズたち。左から手ぬぐい、クリアケース、クリアファイル。

!!!!!

25日までなので、また行くことにします。

きもの京小町(株式会社マルヒサ)で浴衣を買いました☆

京都で過ごすことが多くなったからか俄かに和装に興味を持ち出した夫。「浴衣やったら祇園祭の宵々々山らへんから室町の問屋さんで激安になるえー」と世間話をしていました。そして祇園祭の宵々々山の日のこと。友達と室町錦小路の『優彩』で浴衣を物色している途中で夫と合流しました。そして浴衣を2枚購入しました、夫が。浴衣も下駄も帯もその場でお買い上げ。祇園祭価格なので衝撃のお値段です。もう羨ましいったら。

そしてあれよあれよと月日は流れ、びわ湖大花火大会でおもむろに浴衣を着た夫。何だかめっちゃ似合うんですよ。もう羨ましいったら。以来、「浴衣を着てお出かけしよう」と私を誘ってきます。

さて、実家に各種着物は揃ってはいるが浴衣は10代の頃のものしかない。10年くらい前に購入した浴衣は引越し時に下駄含め一式を知人にあげてしまった。さてはてと、ググること数時間。楽天やAmazonで『きもの京小町 』として出店している店舗の本社のサイトに「実店舗だとオリジナル浴衣7点セット14800円が9800円に!」と書いてあるじゃありませんか。京都に住む妹もよく知っているお店とのこと。これはお店に出向かないと!


いやぁ、いいお買い物ができました!おじいさんと奥さんが見立ててくれて、浴衣の帯変更+帯どめでセール価格から+αでおまけまでしてもらったりして。奥さんとのお話も楽しかった。

浴衣の福袋を始めたのはきもの京小町がはじめて
浴衣と帯の組み合わせで悩む人が多いから福袋にしてみたそうです。注文時にも組み合わせを選べるけど、電話やメールで自分の好みを伝えてくれればその人に似合いそうなセットを組んでくれるとのこと。奥様が「私すぐ電話しちゃうのよー。笑」とおっしゃってました。

きもの文化を広めたい
楽しむ、学ぶ、作家さんの想いを伝える場の提供ということで着付け教室や末富さんのお茶菓子付きのお勉強会を定期的に行っているそうです。きものレンタルもあり。そんなこんなで観光旅行ついでに他府県からお店に来られる方もとても多いそう。ここ数年は若い男の子がよく買いに来るとか。

オリジナル浴衣セットは1月頃からデザインして夏に間に合うように作っているそうです。このお店はネットで購入するだけじゃもったいないお店だなぁと思って長々と紹介してみました!下に楽天とAmazonのリンクも貼っておきますね。遠方の方はネットで注文した後、お気軽にお店に電話してくださいね!(自撮り画像を送ってもらえると更に選びやすいとのこと)

【楽天】

【Amazon】

株式会社マルヒサ
〒600-8427
京都市下京区松原通室町東入る玉津島町296
0120-511-013
平日10:00~17:00

株式会社優彩
075-241-1551
京都市中京区 室町四条上菊水鉾567

近江神宮マルシェ”S”

滋賀県大津市の近江神宮の表参道で毎月第3土曜・日曜日に『近江神宮マルシェ”S”』が行われていると聞いたのでお散歩がてら立ち寄ってみました。家を出たのが遅かったので、ほぼ終わりかけだったのだけど、お店の人とまったりお話ししながらお買い物を楽しみました。と!いうか出店されている手作り作品のクオリティが高すぎて素通りできなかった。

特に素敵だなと思ったのが、『グラニーバッグ専門店じぇいず』さん。なんと全てリバーシブル。平日はご自宅でご夫婦で製作されており、実店舗は持たず、手作り市などで手売りのみされているのですって。かっこいいな、その生き方。


近江神宮はとても素敵なところ。まず空気が綺麗。

【速報】近江神宮のそばで民間運営の貸し農園がありました!!1m×5mで月500円、入会金11000円、水道設備有り、鍬の貸出有り、とのこと。再び農園生活スタートか!?乞うご期待!

他に買ったもの
五玉手箒 (最高級棕櫚鬼毛) 5玉手箒 - 山本勝之助商店 (やまもとかつのすけしょうてん) かねいち

購入してからお掃除が楽しくなりました。棕櫚たわしもおまけしてくれた☆

『近江神宮マルシェ”S”』
毎月第3土曜・日曜日 9:00~16:00
〒520-0015 滋賀県大津市神宮町1番1号

精進湖に野良猫ハウス

精進湖の周りをお散歩していたらハイエースをお家にしている野良猫家族がいました。7匹で暮らしている模様。お父さんとお母さんが交代で見張りをしている様子。


めっちゃ放置されてるなーと見ていたら。


猫が!


ここにも猫!


更に子猫たち!


計7匹の猫。そのうちにお昼寝してしまいました。気持ち良さそう。

おまけ「子抱き富士ビューポイント」「ふじみ荘前」「精進湖畔」のバス停は全て同じ場所にあります。これらのバス停が停まる時刻から逆算して富士山駅か河口湖に到着するように予定を組むのをオススメします。

冬の富士山を眺めに(精進湖)

1月17日から19日にかけて精進湖に滞在してきました。目的は冠雪した富士山の逆さ富士!マイナスの世界の中、装備との戦いでした。3日分の服を全て重ね着しても寒かった。負けまくり。たはー。何枚か写真を撮ってきたので列挙しておきます。精進湖はすごく良かったです!富士五湖の中で一番好きだな。また行きたい。


1月17日15時51分   夕陽待ちのカメラマンさんたち

1月17日16時41分   赤く染まる富士


1月18日8時05分   早朝の精進湖

湖のほとんどが凍っていました。凍っている湖をはじめて見た!


1月18日13時06分   ホテルの部屋より 笠雲

午前中は単独行動をしており、野良猫ハウスを撮影したりお散歩したり。その後は夫と合流するも余りの寒さにホテル内を出たり入ったり。凍え過ぎたらホテルに戻って暖を取る。白泉社の漫画がいっぱいあって嬉しかった!『永遠の野原』を読んで号泣。


1月19日10時52分   雪の中の富士

雪の予報は外れ、たまに現れる太陽で暖を取っていました。雪が降って欲しかったけど、帰れなくなるのも困るし、贅沢な思いを胸にしつつ、精進湖から離れました。積もっている雪は2週間前ぐらいに降った雪だそうです。50cmぐらい積もったらしい。氷点下続きなので溶けないのでしょうね。

【今回御世話になった宿】
精進マウントホテル
〒401-0336 山梨県南都留郡富士河口湖町精進301
0555-87-2200

精進湖もホテルもとても良かったのでまた撮影に行きたいです。

スーパームーンを眺めに(休暇村富士)

11月13日から15日にかけて静岡県富士宮市にある休暇村富士に滞在していました。そこは、富士山の西麓、田貫湖のほとりにあります。私たちは1日に1回運行している東京駅八重洲南口発休暇村富士行きの富士急高速バスに乗りました。
img_5631
東京駅から約3時間20分後の部屋からの景色です。しばらく口が聞けませんでした。
img_5638
荷物を置いた後は、自転車を借りて田貫湖を一周してみました。湖のあちこちから富士山が顔を覗かせます。遊歩道がきちんと整備されていて、人と自転車しか通れないようになっていました。また、道幅が狭いところや人が行き交う場所は自転車を押して歩くようにピクトグラムが表示されていて、ご老人から小さな子供まで各々のペースで散歩を楽しんでいます。すごいぞ田貫湖。img_5634
田貫湖は一周約4kです。自転車で約20分。逆さ富士もあちこちで臨むことができました。
img_5646
展望台に沢山の三脚が。皆さん「紅富士(冠雪した富士山が赤く染まる)or ムーンライト富士(月明かりで富士山が照らされる)& 明日は雨だから今日のうちにスーパームーンを眺めるんだ」とのことで、私たちも部屋から三脚を持ってきてお仲間に入れてもらいました。
img_5653
お月さま登場!私だけiPhoneだったので控えめに撮影。
img_5656
月が大きい。10分ぐらいして雲に隠れてしまいました。
img_5664

img_5673
翌朝は午前中だけかろうじて曇りで、その後雨が降り出しました。晴れていたらこの付近でパール富士(富士山の頂上と月が重なる)+スーパームーンを撮る予定でした。朝日もこの一瞬だけ。自然に100%身を任せることで謙虚な自分を取り戻せるので残念もまた良しです。
img_5686
さて、朝食を食べた後に夫が寝てしまったので、一人でお散歩に出かけました。自分も寝るつもりだったのだけどついつい。
img_5701
ホテルの展望台より。昨日自転車で回ったコースを反対周りに徒歩で歩いてみました。
img_5722
あちこちにポケストップがあったことをご報告しておきます。
img_5726
何があったんや。誰にやられたんや。
img_5735
頭上をカワセミが飛んで行きました。ここでもカワセミ!
img_5740
この後、お昼寝から目覚めた夫が反対周りに歩いてきたので、合流。
img_5741
キャンプサイト。到着した時は日曜日で晴れていたのでカラフルなテントがあちこちにありました。富士山を見ながらテント泊って楽しそうなだなぁ。徒歩だと一周約50分でした。

休暇村富士は部屋からでもお風呂からでも富士山が正面にありました。バイキングは楽しいし、お風呂は温泉だし、また泊まりに行くと思います。いや、必ずまた泊まりに行くでしょう。

休暇村 富士
〒418-0107 静岡県静岡県富士宮市佐折634
0544-54-5200

高速バス
JR東京駅八重洲南口発の富士急高速バス 休暇村富士行きで約3時間20分、終点下車
東京駅発 10:00 休暇村富士発 10:20、片道3,090円 往復5,760円

休暇村南伊豆 弓ヶ浜にて

6月に休暇村奥武蔵に宿泊して以来、俄然休暇村の存在が気になりだした私たち。ふるさとチョイスに「休暇村南伊豆1泊2食付ペア宿泊券」が出ていたので、これは!と強行突破で南伊豆に行ってきました。

img_5494

夕方の弓ヶ浜。休暇村南伊豆は弓ヶ浜に面した場所にあります。湘南新宿ラインと伊豆の踊り子号を乗り継ぎ、だいたい自宅からは4時間ほどの距離にありました。

弓ヶ浜は、弓なりの海岸線が全長約1kmにわたって続く遠浅の海で、美しい白い砂浜が特徴です。日本の渚百選に選ばれているとのこと。遥か遠くに水平線が見え、伊豆七島の島影を望むことができます。アカウミガメの産卵場所でもあり、毎年6月に生まれたウミガメの卵を地域の方が孵化するまでお世話をして、海に放流しているそうです。

img_5499

夫が海の撮影の合間に私の写真も撮ってくれたのですが、寝坊して完全素顔な上にメガネ姿にニット帽という出で立ちだったので私の記憶からは抹消しました。ビーチヨガ楽しかったです。

休暇村南伊豆は夕食・朝食とともにバイキングでした。バイキングでお刺身の桶盛があったのは初めての経験で、楽しくていっぱいお刺身を食べてしまいました。握り寿しもあり、何度も往復してしまいました。温泉大浴場はジャグジー付きの庭園露天風呂でした。塩分多めの泉質らしく、しょっぱいお湯でした。肌荒れに良さそう。

img_5529

朝日を見るために早起き。先客が何人か。朝日は気持ちがいいですね!

img_5549

img_5551

とても穏やかな見た目なのに波の音がすごかった。

img_5563

白浜には私の足跡だけ。

img_5565

休暇村南伊豆
〒415-0192 静岡県賀茂郡南伊豆町湊 0558-62-053
熱海駅から伊豆急行へ乗り換え、伊豆急下田駅で下車。「休暇村」バス停で下車。

鳴門海峡で渦潮の観察(淡路島は何でも美味しかった)

img_5448

明石大橋のその先、瀬戸内海最大の島、淡路島に行きました。神戸三宮からJR山陽本線の快速で約20分、JR舞子(明石大橋のたもと)からは高速バスに乗り換え、南あわじ市の宿泊先ホテルに到着しました。東京駅から約5時間。オーシャンビュー!!

img_5440

「鳴門の渦潮」は太平洋と瀬戸内海から流れ込む潮流が鳴門海峡でぶつかり合って発生します。海峡の幅が狭く、また、海底の地形が複雑なことも影響し、メッシーナ海峡(イタリア/シチリア島)とセイモア海峡(アメリカ/ロサンゼルス)に並ぶ「世界三大潮流」の一つと言われています。春と秋の大潮時に最大となり、約20km/hにもなるそうです。

私たちが乗船したのは10月16日(日)の11時30分出航の日本丸。満月の日を選びました。この日の引潮は12時です。満月と新月は、月と太陽の引力が重なり、満ち潮と引き潮の水位差が大きくなるため、大潮になります。

img_5313

img_5318

img_5335

img_5340

img_5395

img_5413

img_5415

海を見やると、いたるところで渦巻きが発生し、新たな波が作り出されていました。大型船に乗っているのにもかからわず船は大きく揺れ、油断すると落ちそうです。落ちそうというか、そのまま吸い込まれてみたい欲求が生まれてきます。約60分の乗船体験は忘れがたいものとなりました。

鳴門の渦潮は特に3月下旬から4月下旬が1年で最も良い渦潮観潮の時季だそうです。また乗ってみよう。

img_5435

ところで。

淡路島は何でも美味しかったです。魚も肉も、牛乳も、アイスも、たまねぎ、しらす、桜鱒、蛸・・・。海鮮丼の下に埋もれている白米まで、口にするたび「おいしー!!」の嵐でした。さすが御食国(みけつくに)淡路島。朝廷に数々の食材を献上してきた土地だけあります。写真を見ているだけでまた食べたくなってきました。

渦の道 http://www.uzunomichi.jp
【公式】淡路島観光ガイド・あわじナビ http://www.awajishima-kanko.jp

濃霧の三峯神社

今年3回目の三峯神社。興雲閣で目覚めると、外は霧に包まれていました。

img_5112

img_5120

img_5126

遥拝殿

img_5133

随身門

img_5139

img_5134

img_5140

頭上も白と黒の世界

img_5141

img_5143

拝殿

img_5145

三ツ鳥居

濃霧に包まれた三峯神社は数メートル先も見えませんでした。あまりにも美しくて、また、近々行くことになりそうだなと思いました。

〒369-1902 埼玉県秩父市三峰298−1
0494-55-0241
全国で7つしかない三ツ鳥居がある。狼が守護神。