『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』デイヴ・アスプリー(著)

[amazonjs asin=”4478039674″ locale=”JP” title=”シリコンバレー式 自分を変える最強の食事”]

アメリカってすごいなぁと思ったのがこの一冊。ネット上でよく見かけるバターコーヒーダイエットやら糖質オフダイエットやらは、この人が生み出したと言ってもいいのではないかな。脳波を測定したり採血しまくったり体をハックしていく状態が読んでいて面白かった。

すっかりバターコーヒーを気に入ったので、たまにブレンダーで作ってます(笑)

『ハルコナ』秋田 禎信 (著)

世界を救うハルコ。ぼくは君に何ができる? 5年前、遠夜(とおや)の隣に引っ越してきたハルコは特異体質をもつ少女。数十キロにわたり花粉を消滅させるかわりに、自分の身体には猛毒となるため、宇宙服のような防護スーツを着けなければ外出ができない。通学は遠夜が毎日サポートを続けているなか事故が起き、やがてクラスメートを巻き込む事件に発展する。世界を敵に回してもハルコを守りたい──17歳の決意が迸る圧倒的青春小説!

一気読みしてしまった本。空気ともう一つの空気、アレルギーともう一つのアレルギー。日常生活を送る上で誰もが感じているであろう、怒り、悲しみ、小さな喜び、すべてを敵に回しても守りたい存在。いろいろな感情が丁寧に、優しく綴られていて、主人公とネットとの距離感もとてもリアルで。設定はちょっとSFなんだけど、とてもリアル。ぜひ息子に読んで欲しい。

また送りつけようかな。いや、でも562円なので母からの命令だと思って買って読んで下さい。

ハルコナ (新潮文庫nex)

『人口減少×デザイン』筧 裕介 (著)


人口減少×デザインーー地域と日本の大問題を、データとデザイン思考で考える。
児童書ばっかりではなく一般書も乱読しております。ここ最近のお気に入りの本。人口減少に対する設計の本です。日本全体を取り扱っていますが、この本から何を読み取るかは自分自身が決めることです。自分をデザインしていく作業はとてもおもしろいよね。

お金がない? 出会いがない? 地方と都市はどう変わる? 人口減少の「事実」と「対策」。
結婚・仕事・住まい・経済など様々な面で私たちに大きく関わる、21世紀の日本を襲う最大の問題「人口減少」。知ってそうで知らないその本質をデザインの力で解き明かし、地域でできるアクションを事例を交えながら提案する。わかりやすいカラー図版を多数掲載。行政・政策関係者や地域活性化に取り組む人はもちろん、日本社会の大問題をきちんと理解しておきたいすべての人に読んでほしい一冊。

『うんちの正体 菌は人類をすくう』坂元 志歩 (著)


うんちの正体 菌は人類をすくう
一ヶ月ぶりの更新が本のリンクだけで、しかもこんなタイトルの本ですいません。先月上旬は川で溺れかけ、下旬の初縦走(30km)では二日間とも雨でしたがそのおかげでほぼ貸切状態でした。鹿も見た。中旬は京都にも行きました。なお、今月の私もとても元気です。
この本はとてもおすすめなのです。先月末ぐらいから児童書を一気に約250冊ほど読みこむ期間に突入していますが、これはミカニッキにも記録しておかねば!と強く思った次第。

『ぼくのジィちゃん』くすのき しげのり (著), 吉田 尚令 (イラスト)


ぼくのジィちゃん
たまに少年漫画の主人公のように泣いてしまう絵本と出会うのですが、今月のそれはこれ。くすのきしげのりさんは『おこだでませんように』など心に残るストーリーを、吉田 尚令さんは『パパのしごとはわるものです』や『希望の牧場』など絵だけでストーリーが心に残ります。
泣いてしまうと電話を取ることができないからやっかいですね(私がやっかいだろ)。

私の課題読書「GO WILD 野生の体を取り戻せ!」「21世紀の資本」

150120_1.JPG「GO WILD 野生の体を取り戻せ!」はひらたくいうと、適度な糖質制限、睡眠、運動で若返る理由はこんなにあるんだぜ!という本です。データと具体例が面白くて唸りながら一気に読みました。
150120_2.JPG「21世紀の資本」お待ちかねの日本語版。私は世の中は不平等で格差があってもいいんじゃないの派なので、楽しみ。でもマルクスの「資本論」も途中で頓挫しているので読み終えるかどうか。(資本論は岩波の2〜3巻でストップ中。混ぜ物のパンのくだりで「まだ私たちは成長していない」とショックを受けた)

GO WILD 野生の体を取り戻せ! ―科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス

21世紀の資本

『桐谷さんの株主優待ライフ』桐谷広人(著)


桐谷さんの株主優待ライフ
ふるさと納税が金森重樹さんなら、日本株といえば株主優待の桐谷広人さんを置いて他にないでしょう。この方のインタビューを見かけるとついつい全文読んでしまいます。結婚するなら、桐谷さんのように、面白くて頭が良くて、博打を打つことができる人がいいですね。
私も映画配給会社の株を持っていた時があったけれども、期限内に鑑賞ポイントを使い切るのが大変でそのうちに手放してしまいました。博物館系も同様。今はお気に入りの日本株以外は手放し、ほそぼそとアメリカ株を自宅警備しています。ところで中国株のこの状態はどこまで続くのでしょうね。2007年の再来?ウキウキウォッチング。