『りんごかもしれない』のヨシタケ シンスケさんの新作絵本。
やりたくないことをやらせるために、ニセモノロボをつくることにしたけんた。本物になりきるためにけんたのことを知ろうとしますが・・・。
『りんごかもしれない』もとてもおもしろかったけど、こっちは更にユーモア&哲学要素が追加されています。絵もとても好き!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA