名栗湖周回反時計回り(さわらびの湯~蕨山~有馬山~日向沢ノ峰~棒ノ折山~さわらびの湯)


先週の土曜日に名栗湖周辺の山をぐるっとまわってきました。林道・アスファルト無しの山道オンリー。バス停→登山道、ゴール→さわらびの湯(それぞれ徒歩2〜3分)以外は全て山道という山道99%以上のトレイル。とても気持ち良かったです☆
【登山ルート】
さわらびの湯バス停 – 金刀比羅神社奥の院 – 中登坂 – 大ヨケノ頭 – 藤棚山 – 展望台 -橋小屋ノ頭 – タタラノ頭 – 有馬峠 – 日向沢ノ峰 -長尾丸山 -槙ノ尾山 – 棒ノ折山 – 権次入峠 – 岩茸石 -さわらびの湯
距離:21.81km 時間:8時間29分
冷えと疲労で膝の関節が固まってしまって棒ノ折山あたりから歩みがヨレヨレになってしまったのですが、友人が作ってくれたSUUNTO MOVIEでもしっかりとヨレヨレぶりが伝わってきました。(友人も「膝がー!」と呻いていました。笑)
150514_1.jpg
写真は有間山周辺を(も?)縄張りとしている有間次郎長一家さん(=名栗まちおこしサポーター KamoGさん?)作成のペットボトル(おそらく「天空レストラン」の目印)。長いアップダウンも次郎長一家さんのおかげで楽しく歩くことが出来ました♪予約席には先客がいらっしゃったので気がつかなかったけど、手作りベンチの下には記帳用セットがあったみたいです。いただいたチョコレートが疲労回復に大活躍でした。ありがとうございました☆
山は楽しいなー。

女の子のための富士登山入門:メイク編

※2005年に初めて富士山に登りました。そして今月10〜11日に二度目の登山。当時も今もインターネットで検索しても「女の子向け」の細かい情報がないのでここに記載します。格好良い有益な情報じゃなくてごめんなさい。
富士登山中のメイク。当日の朝まで悩んじゃいますよね。ここでは、ある程度崩れることを前提にしたアウトドア向けのメイクを紹介します。
登りはじめの5合付近では滝のように汗をかくのに、7合目付近からは寒くてフリースを着用。激しい気候の差に汗。日焼け止めに眉メイクのみ(去年の私)か、日焼け止めにアートメイク(眉・アイライン)、まつげパーマの方が多いんじゃないかしら。だってファンデーションの崩れが心配ですもんね。
今年はファンデーションも塗りました♪理由は3つ。

Read more“女の子のための富士登山入門:メイク編”